お知らせ&ご案内社長のひとり言インターパーク展示場西川田展示場宇都宮西展示場足利展示場小山展示場営業部建設部設計部お勧めリンク本社
住宅のプロがHPでご案内しきれない住宅づくりのポイントや体験談・最新のニュースなどをご紹介しております。
2015.08.28 Fri
って皆さんご存知ですか?
私、先日初めて聞いた言葉でした。

先日、10年くらい前にご自宅を設計させていただいた奥様より連絡があり、
家のことで相談を受けたのですが、
その際、相談事だけでなくいろいろなお話しのなかで、
奥様が作った『箸置き』を見せていただきました。
(帰りにいただいてきちゃいました)

DSCN1615.jpg



フュージング(Fusing)

ガラス工芸の技術の一種。
数枚の板ガラスをカットし、粒状ガラス(ナゲット)・パウダーガラス(フリット)・棒状ガラス(ストリンガー)を組み合わせて、電気炉・レンジ専用窯で、およそ800度の高温で焼き付け、融合させるガラス工芸の技法。


と、ウィキペディアにありました。


結構難しいみたいで、ガラスが焼付けし膨張するときに破損してしまうことが多かったり、
棒状のガラスをバーナーで少しづつ曲げていくなど、手間隙がかかるとか。


以前からステンドグラスを作られていて、家の中には玄関ホールのランプが置いてあったり、
ブラケットのカバーが葡萄のデザインのステンドグラスだったりと、
家の中がやわらかなあかりに満ちていましたが、
新たにフュージングという技法を習われて、実用的な小物までお作りになられていて、
感心しきりでした。


まだ製作途中ということでしたが、春夏秋冬の箸置きと作っているということで、

DSCN1614.jpg


『春』のさくら、『夏』のあやめ、『秋』のもみじ といただきました。
真ん中はお正月用にひょうたんです。

色とりどりの箸置きで食卓が華やかになります。

DSCN1612.jpg
(テーブルが地味なので、ランチョンマットを敷こう!と思ったものの
家にランチョンマットが無かった。。。のでハンドタオルになってしまいました


ご自宅の設計をしてからのお付き合いですが、
いまでも連絡をいただきお話しができることをうれしく思っています。



設計した住まいが月日を重ね、味わいのあるものになり、
そこへ住まう人の個性や感性が重なっていく。
その住まいに穏やかで幸せのある暮らしがあって、
形として残るこの仕事に誇りを持っていきたいと思います。



                西川田展示場 設計部   村田仁美


Template by まるぼろらいと