FC2ブログ

基本に忠実

IMG_1175-2.jpg
IMG_1174-2.jpg
こんにちわ。早四度目の登場となりました。、今までは新人?の辛さ?から具体的な建物案件をご紹介する事が出来ず
自然を相手にしたコメントを述べて参りましたが、今回は初めて担当をさせて頂いたK邸が無事に上棟を迎えられましたので、
それに絡んだコメントをさせて頂きます。
30坪の平屋2LDKとコンパクトゆえ、柱組の状態でも威圧感を感じる事がありませんでしてが、それはそれで何気に
愛着を感じてしまう雰囲気を感じ取っております。
細かい事ですが(当たり前と言われそう)、二階建て建物と比べて荷揚げの労力、職人さんの動線等の面で平屋の優位性
は一目瞭然であり、これは工期の前倒しもありうると痛感をいたしました。
お施主様も同じ気持ちで、楽しみが早まりそうという期待感でいっぱいでした。
設計、工事スタッフの皆様、各職方の皆様、どうか宜しくお願い致します。
肝心の今回お伝えしたい事ですが、現場での清掃の有無や内容次第で会社の資質が上下してしまう事を感じませんか?
自分は昔から建築現場を見るたびにそんな比較をつい頭の中でしており、今回の自分担当現場でも正直一抹の心配を
しておりましたが、何と何と全くの杞憂で終わり、栃木ハウスの職人さん達は作業終了近くなりますとだれかれとも無く
現場清掃作業にはいりました。
たまたま、夕方に来られたお施主様も見ていて気持ちよいですねとの感想をもらされ、正直ホットとした思いにかられたつい先日の事でございました。
この事自体当たり前だとお叱りを頂戴するかもしれませんが、現場清掃は基本に忠実な行為だけに甘えや勝手な自己解釈
の犠牲になりがちな部分でもあり、そのことは夕方の他社の建設現場をチラ見する事がありましたら、是非比べてみてください。出来る事をする。なすべき事を行なう。こんな基本がおろそかにされがちな昨今ゆえ、自らの戒めを兼ねて現場清掃を
話題に提起いたしました。

Comments 0

Leave a reply