FC2ブログ

令和2年御挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
宇都宮西展示場の小峰(№52)でございます。
今年はSNSに押されブログ登場人(回)数が大幅に減ってくる事が予測される
逆風下にもかかわらず、しぶとくブログに拘るつもりですので、本年も飽きる
ことなく栃木ハウスへのゆるぎない御興味と応援を頂戴続きますよう、宜しく
お願い申し上げます。

では、記事に入らせて頂きます。


恐ろしき情景と美しき情景

IMG_4579.jpg

IMG_4580.jpg
上記2枚の写真ですが、昨年暮れの31日にお打合せの為にお客様の
御自宅に向かう途中で目にした建物でございます。
地盤の比較的固い山間部故なのかどうかは判りませんが、現在の建築基準法
では絶対に許可にならぬであろう基礎と柱脚にひたすら目を奪われしまいました。

家屋内部からはどのような景観が望めるのか?と一抹の興味はございましたが、
先ずあの階段を上る事と冬場の床からの冷気を考えただけで思わず恐ろしさを
感じてしまいました。 ※大きなお世話でしたね、すみません。

IMG_4589.jpg
しかしながら、上記の帰り道で何と虹に遭遇する事も出来ました。
澄み切った空気を通して美しい山並みをバックにかかったア-チ。
一年の終わりを清々しい思いにしてくれましたので、新年は出来るだけ煩悩
に惑わされないようにと早速願掛けをして参りました。

では建築記事に
昨年のブログにおいて傾斜地での記事を掲載し、基礎工事の難易度合いを
ご紹介致しましたが、その現場において無事上棟がとり行われました事を
御報告させて頂きます。
IMG_4555.jpg
高原山を望む喜連川の地にて、当社がお世話になりましたO様邸、I様邸
越しの現場となります。

IMG_4545_20200107153144d24.jpg
傾斜地の為、クレ-ン車が敷地内に入れず更には電線の障害がある為に
かなりの大型を用意し孫ア-ム迄使っての作業となり、結果道路を完全に
塞がざるを得ませんでしたい。
この場をお借りして許可を出して下さったJRの管理会社の皆様に御礼を
申し上げます。
ありがとうございました。

IMG_4547.jpg

IMG_4549.jpg
スキップの情景が判りやすいようにと下側からのアングルで撮った写真です。
現在は屋根、外壁共に下地迄完了しておりますので、来月のブログでより詳細な
スキップ状況をご紹介出来るかと思います。
道路から見たらシックな平屋建て、敷地下部から見たら圧倒的スケ-ルの
2.5階建て、2通りの見方が出来る建物って、なんか素敵に感じませんか?
自分は強くそう感じております。

今回は読み手?の方の負担?を念頭に比較的あっさりとした内容にとどめました。

ではまた2月に…小峰

Comments 0

Leave a reply